2011年01月30日

no-title

波あり ビーチクリーンありなのに 都内へ。。。

残念
posted by greengravityground at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月29日

鳴かぬなら○○○

でタイプ分けって
最近ふと思う機会があったので。
特に意味はありません笑

そういえば、先日の雪山遊びにて
やはり足関節の大切さを再認識。

地面に一番近い関節ですからね

近いうち、足首の続き書きますね
専門家対象ではなく、

小さい子から大人まで
波乗り板のり山走り運動好きなら誰が読んでも
ふんふん
へー
なるほど
って思える内容
難しいですが。

すげー!
って思わないほどの感じで。

では
Green print - コピー.jpg

posted by greengravityground at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Anatomy for trailrunner 番外編A


またまたトレイルラン関係のお話

「肋軟骨損傷」

肋軟骨(Cartilago costalis)とは
肋軟骨.jpg
赤くなぞってある場所です

肋骨と胸骨(胸の真ん中にある縦長の骨 触るとすぐわかります)
を結びつける柔らかめの骨と思ってください。

どうして肋軟骨を損傷するか?
・胸部の強打
・ゴルフスイングやバッドスイングなどひねりを伴う動作を急激に行ったとき
・まれくしゃみやマッサージなどで起こると聞いたこともあります(真偽はわかりません)

肋骨と比べ柔軟性があるために、胸部にストレスがかかると
力の伝達で負担が一気に肋軟骨にかかります

また、年齢を重ねるとともに石灰化しやすく、これも原因ではないかといわれています。

痛みは
呼吸やくしゃみなどで誘発されます
吸気.jpg
呼吸をすると、肺を包んでいる肋骨+肋軟骨は上下に動きます
くしゃみなどは急激に大きな動きが生じるので痛みが強いです
と、ここまでは普通に「肋軟骨損傷」のお話。

Trailrunningでは。。。
普通のロードでは腕の振りは一定に近い形で繰り返されると思います

しかし、アップダウンがきつくコーナーが繰り返されるtrailfieldでは
バランスをとるため、腕を頭上まで持ち上げたり
ジャンプに近い動作を繰り返すことも多々あります。

このときの腕の運動は肩甲骨を介して、肋骨に届きます
着地動作時に足底から胸廓まで圧縮力が伝わります
これらを繰り返すことで痛みが引かなかったり、増悪することも考えれます

もちろん、ロードの時の動作時の踵が地面に着くときも相当な衝撃が加わっていますので・・・お気を付けください

肋骨の骨癒合まで3週間といわれています
この3週間を如何に上手に過ごすか?
が大切です。

無理な動作を避けつつ、体力維持を心がけてスムーズにfieldへ!
Green print - コピー.jpg
posted by greengravityground at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月25日

anatomy for surf&skate A

足には大きく
足首・膝・股関節があります
細かく分けるともっともっとありますが、それはまたの機会に。

ボードの上でバランスをとる時
この3つの関節の動きが重要になってきます

今日は足首を取り巻く筋肉について@
足首は力をボードに伝えつつも固定する役割を持っています。
その動きをコントロールしているのが「ふくらはぎ」なのです。

ふくらはぎが力を出すと

のように動くんです

では
ふくらはぎはどんななの?
ふくらはぎ.jpg
これを一枚めくると。。。。
gustro.jpg
こんな感じです
青く囲んでる部分がふくらはぎ。
ふくらはぎは2つに分けることができて
この部分は「腓腹筋(Gustro)」といいます

腓腹筋は上にある動画のように
足首を下に向ける働きがあります

それともうもうひとつ
膝を曲げる力も持っています
これが大切

そして、ふくらはぎを作っている筋肉のもうひとつが。。。
「ひらめ筋(soleus)」です
これは足首を下に向ける力のみです。

soleus(ヒラメ).jpg
この2つの筋肉の決定的な違いは
「腓腹筋」は踵から始まり膝の上にくっついていること。
「ひらめ筋」は踵から膝下まで。
関節を何個またいでいるか?
の違いです。

この2つ筋肉がボードに繊細な力を伝えています
でも、力を伝えるだけではだめなんです
うまくボディバランスのほうにも役立つ動きをしないとこけます

足裏が地面についている・ついていないでも動きが変わります
ついていれば爪先たちに(CKC
ついてなければ足首が動画の様に動きます(OKC

つまり、水の上ではその半分づつになるということです!

というわけで、今日はここまで

何気に今後の展開に繋がるキーワードがたくさんな回でしたー

では

動画お粗末ですみません
少しづつ腕上げますのでー

posted by greengravityground at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月22日

Anatomy for TrailRunner 番外編


「トレイルランニング」を楽しむ方々とお話する機会が多いです

ストレッチの方法やケアの仕方など内容はさまざまです

お話の中でリクエストがあった話題について少しだけ。。。

「梨状筋症候群」

梨状筋(piriformis muscle)は股関節深層外旋6筋のうちの1つ。
梨状筋が働くことで股関節が外旋します
名称未設定.jpg
股関節が外にひねれてつま先が外を向きます

この筋肉が固くなったり、使いすぎたりしても痛みが出ることはあると思います。
しかし、この筋肉がクセモノで。。。
梨状筋.jpg
こんな感じで走行してます
赤が梨状筋です

何が曲者かというと
黄色が、神経痛で有名な「坐骨神経」なのです

坐骨神経の走る場所と梨状筋の走行が非常に近いのです。

梨状筋がオーバーユースにより固くなったりすることで坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛に似た症状が出現します


どーしたらよいの?
って話になります

対処としては
・梨状筋のストレッチ
これは多くの方法がネット上で紹介されていますので。。。

でも
アウトドアスポーツを楽しむために
もっとも考えなければいけないのは
どうして梨状筋がオーバーユースになったのか?

走っているときに
体幹が捻じれていないか?
踵から着くときに過剰に爪先が外または内をむいていないか?
体幹が側方にぶれていないか?
などなど
原因はさまざまですが、フォームに隠されていることが多いですょ

Runner仲間にフォームチェックをしてもらってみてください!
なにかしら問題点が見えてくるはずです

セルフケアをするために自分の体・フォームを知ることは大事ですよー

では

*腰痛・下肢しびれが生じた際は、整形外科を受診することをお勧めします



posted by greengravityground at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月21日

anatomy & kinesiology for surf&skate @

Anatomy(解剖)のなかでも、最初にMyology(筋学)について

どうして筋肉かというと。。。。

サーフィンやスケートボードに限らず

・普段歩くこと
・息をすること
・心臓がどきどきと動くこと

人体が動くときは大半の場合は「筋肉」が動力となっています

たとえば「力こぶ」
これは、下の図で上腕二頭筋(濃く出ている)という筋肉が働いて「こぶ」のように盛り上がります。
biceps.jpg
この筋肉が働くことで、肘が曲がります。
肘 屈曲2.jpg
最初にもいったように、人間のパーツが動くときは筋肉が関係しています

サーフィンやスケートボードはかなり特殊なスポーツです
ボードが波や路面の上を動き
(サーフィンに関しては波も動いている)
その板の上で自分はバランスをとりつつ、板を操作する。

そして、美しく技を決めたい
     安定して乗りたい

考え始めると頭が痛くなるほど難しい動きの連続です
これがサーフィン・スケートボードは難しいといわれる所以かもしれません。。。

それでは、どこの筋肉をどうしてあげれば安定するのか?技が決まるのか?
ボトムターンの時に大切な動きは?
プッシュやオーリーの時に大切な体の部分は?

もちろん、それは筋肉だけではできません
でも、筋肉も大切なのです

サーフィンで考えるとパドル筋と呼ばれるものも必要です

でも、やはり下に出したように「足の筋肉」がキーポイントだと思います。

筋肉 後面のコピー.jpg筋 前面.jpg

この筋肉1つ1つがうまく連動して、技をメイクします!
でも、ほんとの肝は。。。。
hiratsukanianことmo3とGreenGravityGroundが行きついたのは
○○でした

後々○○まで、たどり着ければと思います

しばらくは足のMyologyで!

今日はこの辺で〜

まだ、ソフトの操作に不慣れで画像一つ一つに時間がかかります
動画も可能なので、いずれはわかりやすく骨を動かして
わかりやすく説明できればと思います

では

posted by greengravityground at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月20日

full moon

久々更新
最近バタバタ

DSC_0829.JPG

運動・解剖学はもうしばらくお待ちを。

떠나고 싶다
TO go out on ja ourney

では!
posted by greengravityground at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月10日

Gravity


こんな感じでしょうか?
若干の相違はお許しを。。。

wall.jpg
                                                              Rider mo3

Bone image
mo3.gif
正面・下方から。

mo32.gif

一瞬の姿勢ですが、このときに身体活動はどうなっているのか?
この姿勢を作り出すためには?

不思議で仕方ありません
できる人・できない人
同じ人でも出来るとき・出来ないとき
何かがきっと違うはず。。。

解明とか難しいことは言いませんが
なにかきっかけを掴むお手伝いができれば。。。










posted by greengravityground at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月09日

遊体法

@吉祥寺

 Work Shop present ByMacky
「遊体法」へ参加してきました!

20120109.jpg

この手ぬぐいひとつで異次元へ。

今回は2回目の参加でした
なぜ2度目か?
僕のコンセプトである「gravity」にリンクする部分が多く、
「自由な感覚で!」
というところがGreenGravityGroundとして共感できるから。

ストレッチ嫌いな、スケート&サーファーも楽しめると思います

暖かくなったらコラボイベントなどできたら最高です

http://yutaiho.com/
ぜひ!ぜひ!


posted by greengravityground at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月01日

Antomy for surf&skate


今年の目標
少しづつスケートとサーフィンの解剖と運動学を。。。

oll2.gif
posted by greengravityground at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新年

img001.jpg
                                  ⓒyutaka seya

謹賀新年

今年もよろしくお願いします

GreenGravityGround
posted by greengravityground at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
過去ログ